佩刀百景 (模擬刀編)弐拾九

今更ながらではありますが模擬刀をオーダー致しました。

近年使いが荒い為か、今年になって2度ほど切っ先を欠いたり、

鯉口の摩耗も著しく、修理も度々でした。

そこで自身の稽古並び指導を受ける場合は真剣で。

部での指導は危険を避ける意味でも、模擬刀でと考えました。

困ったときの「濃州堂」ってな訳で、五十嵐社長に相談致しました。

結果、今使っている「加藤慎平」より100g軽くしたレプリカをフルオーダー致しました。

11月29日に訪れた「濃州堂」工房での小生注文の刀身です。

制作期間4ヶ月、漸く4日前に届きました。

ルンルンで開封!!

「加藤慎平」より100g軽くした意味が分かりました。

真剣は鍛えに抜いた鋼・・・・・模擬刀は亜鉛合金の鋳造!!

バランスが違い過ぎます。

あに図らんや、実際に遣ってみると、100g軽量を感じさせないバランスの良さ!!

摸造刀としては素晴らしい出来であります。

「加藤慎平」と拵えも反り、刃渡りも同じにオーダーしました。

「加藤慎平」模擬刀との比較

上が「加藤慎平」

下がフルオーダー「奥伝濃州作」

 

 

 

 

 

 

トラックバック

このブログ記事に対するトラックバックURL:

コメント & トラックバック

コメントはまだありません。

コメントする

*

大田原地区剣道連盟居合道部
■所在地:
栃木県大田原市
■稽古日時&稽古場所:
●毎週水曜日、金曜日
19:00~21:30
三島スポーツセンター武道館
●毎週日曜日
14:00-17:00
大田原市武道館