» kuzumiの記事

今年もやって参りました、古流研究会!!

我が部からはM副代表と私、そしていつも熱心な皆勤賞男のK氏の三人の参加です。

今回は他県からの参加者が目立ち、ゼッケンを見ると福島・茨城・埼玉・山梨・東京

そしてフランス人とおぼしき女性の方もいらっしゃいました。

全剣連居合の講習会が多い中で、県内では唯一の古流に徹した研究会です。

内容は初伝と中伝の技の中から抜粋しての講習でした。

DCIM0986

分かっていたつもりの初伝でも、範士の説明で勘違いしていた事や、

初めて分かった事が幾つもあり、新鮮な驚きの連続でした。

この会のもう一つの楽しみは同好の士との交流でしょう。

暫らくぶりの再会で話に花が咲きます。

私も駆けずり回って交流を深めました。

私の愛刀の鍔を作って下さった県南のO氏も参加なさっていて、

偶然にもO氏の差し料も私と同じ花菱の鍔でした。

 

左が我が愛刀で右がO氏の差し料

同じ花菱の鍔ながら、私の鍔は淵を鏡面仕上げのようにピカピカに加工してあり、

同じ鍔には見えません。

 

DCIM0984

 

 

 

 

開会式

DCIM0992

N監督率いる選手団・・・・と私(監督助手)

DCIM0995

我が部のM氏は良く頑張りましたが、

惜しくも初戦で僅差で敗れてしまいました。

しかし、私から見て県代表という重圧に耐え、研鑽を積んできましたので、

以前より格段に技が向上したと思われます。

これで終わったのではなく、これからが始まりだと思われます。

明日からまた稽古です!!

 

M氏と私は大会前日に福岡入りする為、監督と選手の方々と合流しながら羽田空港へと向かいました。

羽田空港で記念撮影

組織のボス(左)その手下(右)

DCIM0983

福岡空港から直接大会会場へ乗り込みました。

DCIM0986

すぐさま会場を視察し、選手の方々は肩慣らしにサブアリーナで一汗かきました。

手前が我が部のM氏、写真右端上段に振りかぶっているのが我が県六段代表S君、

その奥白胴衣右隣りが我が県七段代表のK氏

DCIM0990

かくして前日の主な日程は終了しました。

翌日は大会であります。

この続きは次回更新まで

 

我が部のM副代表が全日本県代表に選ばれて2ヶ月半を迎えようとしております。

その間、M氏と私は共に稽古に励んでまいりました。

勿論、私は選手でも控えの選手でもありません。

しかし、これを機に私自身のステップアップを図ろうともくろみました。

常にM氏と行動を共にすること、この事を心掛けました。

週に1回は必ずO範士道場で、週3は我が道場で稽古、

勿論、全日本選手強化稽古会も欠かさず参加致しました。

何故か選手でもない私も愛刀を携え、紛れ込んで大汗をかかせて頂きました。

泣いても笑っても大会まで一週間を切りました・・・・・・・・・

やらなければならない事、やり残した事は沢山ありますが、

最後まで足掻く事をM氏と私は確認し合いました。

M氏は65歳とは思えない気力・体力でよく頑張りました。

おそらくM氏にとって今まで経験した事がない稽古量だったと思います。

本日もM氏と二人だけの稽古を、隣町の武道館を貸し切り、稽古に励みます。

 

追伸・わたくし事ですが、ただのお節介やきの付き人から

N八段からの要請で非公認の監督補佐(助監督?)を仰せつかりました。

これで大会当日は観客席ではなく、試合会場でM氏と共に戦えます。

つづく

 

 

 

 

 

 

屋内にもかかわらず晴天に恵まれた大会が賑々しく行なわれました。

結果は我が部からは優勝者は出ませんでした。

辛うじてわたくし会計長が六段の部2位・・・・・・

稽古が仕事で殆ど出来なかった、我が部エースⅰ君も二段の部2位という結果に相成りました。

誠に残念です・・・・・・・・・・

しかし、我が部からはM副代表が全日本に選出されております!!

今日も全日本出場者演武では、見事にその重責をこなしておりました。

「 お決まりの記念撮影」

(私は稽古稽古で頑張って2位・・・・・ⅰ君は2回しか稽古してないのに2位・・・・・)

元気のない私と対照的にドヤ顔ⅰ君(別名チャラ男)

「なんでおまえ俺より高い位置に賞状抱えんだよ!!!」

DCIM0961

 

 

 

昨年からこの企画を温めておりましたが、遂に本日開催する運びと相成りました。

感無量であります!

県内の女性剣士お声をかけ続け、十二名の参加者を集める事にこぎつけました。

県内の居合人口は決して増えている状況とはいえません。

しかし、男性の中に混じって女性の健闘が目立ってきていることも事実だと思います。

我が部もこれまで十数人の女性入門者を育ててきましたが、残念ながら一級・初段の段階まで来ると

興味を失うのか・・・・退部の運びと相成ります。

私達の未熟な指導が興味を失う原因なのか・・・・何とかしなければと思っておりました。

現在我が部には三名の女性が稽古に励んでおります。

せめてこの人たちには居合の楽しさを伝えたいと思っておりました。

私達男性にはなかなか教えられない女性特有の着付けに始まり、

女性側からみた刀の運用、体さばきなど色々あると思います。

そこで、県内女性最高位のH七段とW七段に講師をお願いし、今回の運びと相成りました。

DCIM0940

午前中の内容は、全剣連居合の稽古、特に参加者から希望があった技を選んで

質疑応答を交えながら熱心な講習を行いました。

お昼は大幅に二時間を費やし、食事をしながら講師の先生の経験談を中心に、

着付けの実技を交えて「女子会」を行いました。

(女子会に何人かいる男性は我が部スタッフ)

 

DCIM0945

DCIM0946

DCIM0947

昼食後、二時間ほど午前中の続きの全剣連居合の講習が続きました。

DCIM0941

DCIM0951

感想として、技もさることながら神前の礼・刀礼に思いのほか時間を費やして頂き、

通常の講習会には無い、活発なそして自由な意見・質疑が飛び交い、

女性ならではの細かい気遣いの講習会でありました。

最後にH・W両先生には熱のこもった指導をして頂き、有難うございました。

 

 

今回行なわれた全日本居合道大会代表選考会に於いて、我が部のM副代表が五段の部の県代表に選ばれました!!

御歳65歳・・・・・まさに遅咲きの開花であります!

わたくし、自称専属マネージャーといたしましては、大会までの体調管理、

稽古日程に沿っての全面サポートを心掛けて行く所存であります。

勿論、大会も随行し、共に闘う覚悟であります!

M代表はまさに我ら中高年の星であります!!!!!

目標全国制覇!!(気持は)

当日同時開催の昇段審査に於いては、我が部の世話焼き癒し系女史のSさんが完璧な演武で二段を取得致しました。

我が部恒例の反省会という名の飲み会です。

DCIM0931

 

先週の金曜日から日曜にかけて、愛知県豊田市で行なわれた地区講習会に行って参りました。

我が部からはM副代表と私、二人の参加です。

今回は副代表の愛車「マスタング」での往復約1,000kの長旅でした。

 

副代表の愛車「マスタング」

DCIM0907

講習会は27日(土)と28日(日)の二日間、全剣連居合を中心に行なわれました。

初日午前中は小倉範士解説、草間範士実技演武を拝見し、勉強させて頂きました。

DCIM0908

DCIM0911

午後からは班ごとに別れての稽古に入りました。

私は福岡の迫野範士に御指導頂きました。

M副代表は草間範士に指導して頂いて、感激していました。

地区講習会の素晴らしいところは何と言っても、御高名な諸先生に直接指導して頂けることでしょう。

翌日も同じ班で指導して頂き、2日間を終了しました。

着飾った我が愛刀

DCIM0910

2日間一緒に行動した仲間と記念写真

DCIM0915

今回は、他県は勿論、他国からも教えを請う剣士が集まるO範士道場であります。

職業が変わり、以前のように稽古に行けなくなりましたが、久々に潜入です!!

水曜日は県内の六、七段の先生方でごった返しておりますが、穴場は土曜日です。

五段以下の方々の稽古が午後9時30分で終了なので、

それから11時頃まで、比較的空いた状態で範士に見て頂けます。

しかし、潜入した日は、山梨から5名の剣士がお見えで、熱心に稽古に励んでおられました。

この方々は年に数度、1泊2日の修行をO範士道場でなされるそうです。

私もこのメンバーの若手の遣い手M君とはすでに顔なじみで、お互い再会を喜び合いました。

彼はこの修行の旅がとても嬉しいらしく、人一倍汗をかいて指導を受けておりました。

私も早60歳・・・・・・・・・彼の様なひたむきな心はいま何処・・・・・・・・・

 

右奥で抜き付けているのが山梨の遣い手M君

DCIM0890

 

DCIM0891

 

 

私は以前から、興味のある道場には色々な手段を用い、参加ないしは見学をお願いして参りました。

今回は隣町の道場で、館長は過去に県代表でなんども全日本で活躍なされた、

S七段の道場へ遊びに行って参りました。

今回はあいにく会員の皆様、お忙しいと見えていつもより少ないようでした。(残念)

それでも、夜の11時頃まで熱心に稽古なされておりました。

今回のテーマは、先日行なわれた県講習会の伝達稽古でした。

この道場からは館長始め、私の前にいつも壁のように立ちはだかっているO選手、

全日本で好成績を挙げた麒麟児S五段がおります。

そして、六段審査一発合格のT女史、その他にも猛者がゴロゴロおります。

私もなにか盗もうと、隠しカメラ持参で、食い入るように見学させて頂きました。

DCIM0885

DCIM0886

下心アリアリの「わたくしめ」をいつも温かく向い入れてくださり、有難うございました。

 

 

大田原地区剣道連盟居合道部
■所在地:
栃木県大田原市
■稽古日時&稽古場所:
●毎週水曜日、金曜日
19:00~21:30
三島スポーツセンター武道館
●毎週日曜日
14:00-17:00
大田原市武道館