» kuzumiの記事

大田原地区剣道連盟のお計らいで、

今年も中学生の皆さんの目の前で居合を演武させて頂きました。

いつもですと我が部の三役(S代表・M副・私会計)で行うのですが、

今年は代表が解説、演武は副と私の他、部員3名の5名で演武しました。

数少ない地味な役回りのS代表の後ろ姿(右端)

拙い演武ではありましたが、暖かい拍手を頂き、良い経験をさせて頂きました。

お決まりの記念撮影・・・・・

S代表がいない・・・。どこ行った??

代表は居合道錬士六段だけではなく、剣道教士七段を持つ人物!

この後の審判役を兼任で大忙し!!

まっ良いか・・・・・

 

 

そして、これもお決まりの「モグモグタイム」という反省会

今回は新人部員(右端)のIちゃんに撮影班としてお手伝い頂きました。

中国系アメリカ人の新人君も少しづつ我が部にも慣れ、

楽しくやっているようです。

 

 

 

 

今月3日京都で行われた全日本剣道連盟居合道審査会で、

本県の広瀬美智代先生が見事、八段昇段なされました。

合格率2.2%の狭き門を突端されました!!

女性では全国で5人目だそうです。

勿論、本県では初めてであります。

・・・・・・・てっ事は世界で5人・・・・

凄いことです!!

本県の居合人口が減少の一途を辿っている現在、

久々の明るい話題だと思います。

 

 

 

 

 

年に1回は物を斬り、間合いと刃筋を通すと言う意味合いで、

本日「春風館道場」に出稽古に行って参りました。

我が部からは6名の参戦です。

10数名を誇る我が部も、瞬時に動ける中核はこのメンツです!!

10時開会、4時閉会の予定で始まりました。

終始物を斬る稽古に専念しました。

 

所詮、私達は素人・・・・

お手本を見せて頂きました。

この腰の据わり見事です!!

 

N氏の袈裟切り

我が部員達の無理な刃筋の為に、

曲がった刀身を修復作業を行うN氏

 

楽しい楽しいモグモグタイム(昼食編)

 

みんなで写真

 

抜刀道は斬り損じ失敗しても、最後まで礼法・所作を重んじ、

動じない姿勢が大切と言う事が理解できました。

その姿は居合道に通じるものだとも感じました。

 

物を斬るだけしか念頭になかった私にとって、

大変勉強になった一日でした。

 

 

 

 

 

 

 

世間ではゴールデンウイーク最終日、

私達はいつものように稽古に励みました。

本日の参加者8名!!

通常の稽古内容は、先ず最初に木刀による肩慣らしに始まり、

刀を使った基本稽古、制定居合12本の確認。

そして、古流の稽古なのですが・・・・・

間近に昇段審査が迫っておりますので、

後半は、五段以下の受験者は5本を6分以内に、

六・七段受験者は、6本を7分以内に一つの技と思っての稽古を行っています。

 

「斬る間合いを識る為の新聞紙斬り」

新入部員のイボォーンさん「お見事!!」

 

続く癒やし系S女史も「お見事!!」

 

今年は6月にM副代表が六段に、11月には私が七段に、

12月にはK女史が五段、皆勤賞男のK三段が四段昇段に挑戦致します!!

尻にに火がついた部員の稽古風景です。

勿論、演武後はお互いに気付いた点を指摘しあいます。(ある意味酷評)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

四十になってから始めたこの道・・・・・

現在錬士六段・・・・・・・

来月で64歳に相成ります。

色々ありました・・・・・・・

40代で味わった想定外の父の死、相次ぐ母の死・・・・・

受け継いた家業の廃業・・・・・・・・・

辛く長い時期でした。

それでも私には居合がありました!!

妻と二人三脚頑張ってきました!!

私がいっぱいいっぱいのとき、

妻が決まって言う言葉!

「稽古に行ってくれば」

不思議に稽古で汗をかくと、

思い詰めた気持ちが晴れる思いでした。

 

何をやっても中途半っぱな人生を送ってきた私にとって、

愚直に稽古することによって、

一度も勝てなかった好敵手を相手に優勝した県大会!

六段昇段審査に合格したあのとき・・・・

その嬉しさ・感動は、今まで味わったことのないものでした。

最近では、他県で開催される地区講習会や大会に参加する機会が増え、

交友関係も増えてきました。

限りある人生、意義のある楽しいときを過ごしていきたいものです。

 

 

「私には居合があります」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

昨日、我が部の平成30年度の総会を開催致しました。

出席者9名、残念ながら欠席者4名と、

進行役としては若干寂しさもありつつ、

気持ちを盛り上げて、仕切らせて頂きました。

収支決算報告・平成29年度事業報告・30年度事業計画(案)

と進行が進み、待ちに待った懇親会!!!!!!

私の独壇場であります!!

食べて放題・飲み放題・しゃべり放題と、

あっと言う間の3時間・・・・・・・

楽しい事はあっと言う間・・・・・

辛い事は嫌らしく長い・・・・・・

しかし、収穫も沢山ありました。

長い間仕事と家庭の事情で休んでいた、M君(三段)が復活しました!!

我が部の大黒柱S代表も、4度目の手術を控え意気盛ん!!!

新入部員もブログを見て2名入部かも?

前途は明るい・・・・・・気がします。

今年度も何事にも積極的に取り組み、

頑張っていきたいと思います!!

 

一つ覚えのVサイン・・・純朴ぅ~・・・・

おいおい、俺が準備できてないよ(怒)

とても楽しい集いでした。

また明日から頑張りましょう!!!!!!!!!

 

 

 

 

 

 

検査検査で原因を突き止め、治療とリハビリで明け暮れた昨年!!

今年は今のところ、鈍痛・激痛は目立ってありません。

仕事と稽古の両立が比較的うまくいっているせいかもしれません。

しかし、油断はなりません!!

今まで続いていた毎日の稽古も週3程度に、

仕事もゆったりと行うように心掛けています。

私の特長「右肩鍵盤損傷」を自覚し、

今年、居合道七段昇段に挑戦します!!!!!

 

 

思い起こせば、S代表と二人で始めたこの会!

最初は稽古する場所も無く、公民館・商工会の会議室・

バレーボールと隣り合わせの体育館、切りおろす目の前にボールが・・・・

なんてことはしょっちゅう・・・

ようやく四段の頃、団体名「錬心会居合道部」を設立!!

そのときの会員は5名程でした。

それでも決まった日時場所で、誰に遠慮せず稽古できる喜び、今でも忘れません!!

そして、隣町の居合道部と合流、その代表がM氏でした。

ここで一挙に会員が増大!!

名称も「大田原地区剣道連盟居合道部錬心会」と改めました。

一時15名以上で稽古した事もありました。

しかし、現在は半分ほどに減少してしまいました。

減少のの原因は何なのか・・・・・・?

S代表、M副代表、会計の私の三役、会員で案を出し合い、

県内の女子剣士だけの講習会を始め、県北居合道講習会、

居合の為の試し斬り等の催し、忘年会・総会がてらの花見会、

大会、審査会後の反省会などの食事会など親睦も深めてきました。

新会員の獲得には町の広報・このブログ・体育館、

武道館にポスター掲示と広報に努めました。

それでも入部なされる方よりも、辞めてしまう方のほうが多くなってきました。

私達執行部は、居合の修行の先に見える居合の醍醐味・楽しさを、

未熟ながら伝えきれないのではと痛感致しました。

 

我が部の代表S氏は昨年二回、今年一回の手術を敢行、

今年居合の稽古をなんとか出来るまでに不屈の闘志で回復致しました。

私は今年七段に、M氏は六段昇段に初挑戦致します。

私達執行部はこれからもバリバリで行きます!!!!

常に楽しく実のある企画を敢行していけば、道は切り開けるものと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

刀工加藤慎平氏の力作を、岐阜の居合道専門店「濃州堂」五十嵐氏に依頼した一番の理由は、

彼が居合道の現役選手であり、刀装のスペシャリスト集団の長だからであります。

きっと良い物が出来ると思います。

 

刀装に関してですが、柄は8寸6分濃緑鹿皮巻きで柄巻士遠山氏を指名。

鞘は計3本、濃緑色と赤茶色のツイシュ、そして保管用の白鞘

金具類は、透し波鯉の鍔、ハバキは祐乘、波鯉目貫、

柄頭・縁金・コジリは柳生波の波つながりで統一しました。

後、残されているのはそれを遣う私の技量・・・・・・・・・・・

 

今回の加藤氏への事前の制作依頼は、銘を彫った打ち卸しまでと、

銃砲刀剣類登録証、所有者変更出(名義変更)まででした。

この後は岐阜の「濃州堂」社長五十嵐氏にバトンタッチです。

五十嵐氏は長年私の愛刀赤松太郎を面倒見て下さった方で、

現在居合道五段で全日本の県代表にもなった方です。

彼に依頼するのは刀身の樋彫り・研ぎ・刀装の全てです。

彼ならば刀のバランスは勿論、刀装工作においても満足のいく物が出来上がると思います。

 

 

 

 

大田原地区剣道連盟居合道部
■所在地:
栃木県大田原市
■稽古日時&稽古場所:
●毎週水曜日、金曜日
19:00~21:30
三島スポーツセンター武道館
●毎週日曜日
14:00-17:00
大田原市武道館