会員ブログ

刀工加藤慎平氏の力作を、岐阜の居合道専門店「濃州堂」五十嵐氏に依頼した一番の理由は、

彼が居合道の現役選手であり、刀装のスペシャリスト集団の長だからであります。

きっと良い物が出来ると思います。

 

刀装に関してですが、柄は8寸6分濃緑鹿皮巻きで柄巻士遠山氏を指名。

鞘は計3本、濃緑色と赤茶色のツイシュ、そして保管用の白鞘

金具類は、透し波鯉の鍔、ハバキは祐乘、波鯉目貫、

柄頭・縁金・コジリは柳生波の波つながりで統一しました。

後、残されているのはそれを遣う私の技量・・・・・・・・・・・

 

今回の加藤氏への事前の制作依頼は、銘を彫った打ち卸しまでと、

銃砲刀剣類登録証、所有者変更出(名義変更)まででした。

この後は岐阜の「濃州堂」社長五十嵐氏にバトンタッチです。

五十嵐氏は長年私の愛刀赤松太郎を面倒見て下さった方で、

現在居合道五段で全日本の県代表にもなった方です。

彼に依頼するのは刀身の樋彫り・研ぎ・刀装の全てです。

彼ならば刀のバランスは勿論、刀装工作においても満足のいく物が出来上がると思います。

 

 

 

 

伸びしろの無い私にとって居合関係のお道具は大切です。

最近我が部で間々田紐がブームです。

6.7年前に間々田でオーダーした下げ緒を未だに使用しておりますが、

機械組みと違って、手組みは微妙な凹凸があり、

結びが解けにくいという長所があります。

そして、独特の手触りがやみつきです。

居合仲間が私の口車に乗って次々にオーダーしてしまいました。

 

私の下げ緒

柄・鞘が深緑なので爽やか緑主体の配色にしました。

 

癒やし系S女史

渋い!!!

私より良い!!

 

皆勤賞男Kの下げ緒

皆勤賞男Kは毎年1月ころから3月くらいまで冬眠に入ります。

4月頃下げ緒装着の差し料をお見せいたします。

 

わたしゃ通販ジャパネットかっ・・・・・・・??

 

 

 

 

毎日寒い日が続き、正直稽古がしたくないときあります。

私くらいになると、もう伸びしろというたぐいのものは殆ど無く、

ややもすると惰性という嫌なフレーズが頭をよぎります。

限られた居合人生を充実して過ごす為、自分にご褒美をあげました。

それは稽古に行くまでの暖房コート、すなわち羽織です。

以前から冬の講習会・稽古会などで羽織る物が欲しいと思っていました。

良い物が見つかりました。

昨年、関東甲信越居合道大会で、出店してたとある武道具店で、

手作りの袖無羽織や剣道関係の縫いぐるみ等を展示しているブースがありました。

私は羽織は出来ないかと尋ねたところ、

やってみたいと言う返答を頂いたので、

即、オーダー!!

M副代表とお揃いで注文致しました。

お揃いツーショット

後ろは深めのセンターベント(帯刀してもOK)

生地はジャブジャブ洗えるデニム生地、工業用ミシンでヘビーに縫製

物入れ隠しポケット装備、裏地はサテン生地のようなサラサラ龍の紋様

凝っています!!!

これで税込み1万5000円とは安い!!!

わたしゃ通販ジャパネットか!!

ちなみに浦安武道具店でした。

 

 

 

 

 

 

1月20日県内唯一の古流の講習会に、

今年も参加させて頂きました。

全剣連居合が中心の昨今、

我が流派も満足に抜けない自分に苛立ちさえ覚える現在、

この研究会は私にとって救いです。

O範士の古流に対する真摯な取り組みに、

今更ながら頭が下がる思いです。

研究会風景

 

研究会の楽しみお弁当

昼食を取りながらの同好の士との居合談義は格別です!!

主催者側は今回で19回目かな・・・・・・???

と、のたまっておられましたが、21回目です!!

私はどんな事があっても参加しますから、

40回.50回.100回と続けて頂くよう切にお願い致します。

執行部のH.M先生、H.T先生そしてW先生!!!

宜しくお願い致します。

 

 

・・・・・・・・・・・・・・50回、100回?????

私、今年64歳に相成ります。

後10年抜けたとして、74歳・・・・・・・・

今年で21回目、そうすると31回くらいが限界か・・・・・・・

100回はとても無理!!!

限られた人生、健康に留意して細く長くガンバッペ!!

 

 

 

 

 

 

今年初の更新です!!

昨日、加藤氏から2回目の打ち下ろしを見てくれと連絡を頂き、

行って参りました。

加藤氏曰く「刀身の力強さの表現」と「研ぎに耐え得る鍛え」

他諸々で、ほぼ満足といえるレベルに達する事が出来たと言うことでした。

依頼した私から見れば1回目でも充分と思ったのですが・・・・

加藤氏の説明ですと「下」が1回目「上」が2回目

「下」は物打ちから切っ先にかけてやや先細りで、

それに反して「上」は物打ちから切っ先にかけて、

ふっくらとしていて、刀身全体をとらえたときの印象が、

「下」はやや貧弱に、「上は」力強さを表すことが出来たと言うことです。

私はこの打ち下ろしで、次の段階へ進むことをお願い致しました。

いよいよ研ぎの段階です。

 

 

 

 

 

本日、今年最後の稽古を行いました。

結局、集まったメンバーは私がもっとも頼りにしている方々でした!!

私の相棒「M副代表」・皆勤賞男KK・孤高の五段Kとその妻K四段

今や我が部のマネージャー役癒やし系S女史・・・・・・

我が部の代表SDが体調不良の為、この中核が頼りです!!

おっと、一人忘れていました!!

今年の有望新人U君もいました。

来年もこの中核と共に、部を盛り上げて行きたいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

我が部の新人君の一人が、昨日居合道1級審査に挑戦しました。

結果はめでたく合格いたしました。

こちらは想定していたことなので当たり前の結果として受け止めましたが、

当人にとっては人生初の体験でしたので、緊張と戸惑いの連続だったようです。

これからが居合という道の始まりです。

我が部の仲間として一緒に学んでいきたいものです。

 

彼の為に応援に駆けつけた仲間たち

そして、夜はお待ちかね我が部恒例「忘年会」

残念ながら都合がつかず欠席者がありましたが、

私の絶妙なトークで場を大いに盛り上げました(自画自賛)

 

 

本日、2ヶ月ぶりに加藤氏の工房を訪ねました。

丁度、一本目の焼き入れが終わったところでした。

通常1振りの刀を仕上げるのに、最低でも2振り制作し、より良い方を、

納得がいかなければ更に・・・という具合に徹底して完成度を高める作品作りを心掛けているそうです。

今回の仕上がりには納得していないようで、近々2本目に取り掛かるようです。

私にはどこが悪いのかわかりませんが・・・・・・・

加藤氏は「もっと姿に力強さが出なければ・・・・」と言っておられました。

M副代表の刀などは研ぎの段階に入ったにもかかわらず、

納得できず、更に1年の月日を費やしました。

 

一回目の打ち下ろし前の作品(左端が刀工 加藤慎平氏)

刀身2尺4寸5分 反り2㎝ 鳥居反り

順調に行って打ち下ろしの段階は来年1月末か??

 

 

我が部主催県北居合道講習会が本日賑々しく開催致しました。

今回の講習会と、県内の女性剣士を対象に行われる女子居合道講習会が、

我が部の二大事業であります。

本日の参加者総勢18名。

昨年より10名の減少であります。

欠席の理由の大半が体調不良でありますので、

次回からは体調を万全に整えて元気な姿で参加して頂きたいものです。

両事業とも今年で3回目を迎えることが出来ました。

これもひとえに我が部のスタッフの方々と、参加頂いた方々に感謝致します。

もう一人の立役者は何と言ってもN教士八段であります!!

懇切丁寧に教える指導者として高い評価をお受けになっております。

 

今回はミリ単位の正確さが求められる全剣連居合を中心に指導して頂きました。

まず準備体操です。

 

熱心な指導が続きます。

 

恒例の記念撮影

 

たのしい楽しいランチタイム!!

 

N八段を囲む美女達と記念撮影

 

本日の講習会は午前九時から始まり、昼食を挟んで午後四時までの、

内容の濃い講習会でありました。

講師のN八段も体調がすぐれない中、

遠路遙々来て頂き、講師をして頂きまして本当にありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1 / 2412345...1020...最後 »

大田原地区剣道連盟居合道部
■所在地:
栃木県大田原市
■稽古日時&稽古場所:
●毎週水曜日、金曜日
19:00~21:30
三島スポーツセンター武道館
●毎週日曜日
14:00-17:00
大田原市武道館