2013年 4月

今回は、再度登場の県内最高位の女流剣士H先生の差し料です。
黒を主流とする無骨な拵えの多い中、高貴な色、紫の天正拵えの柄が印象的な差し料です。
下げ緒との色合いも素晴らしいです。
柄の作者は栃木居合界にその人あり、と謳われた名工K七段であります。

家の新聞紙を斬り裂き尽くし、今日の朝刊まで手を出し始めるまで至った現在、漸く木刀まで辿り着きました。
真剣ほどの成功率には及びませんが、ぼちぼち木刀で斬れ始めました。

木刀の斬り口

こちらは真剣での斬り口、剃刀でスパッと斬ったような斬り口に較べ、上の木刀の斬り口はバサッと裂けた斬り口になってます。

妻からの叱責に耐えながら、これからも成功率の向上に努める所存に御座います。

2月16日に間々田まで行って注文した間々田紐制作の下げ緒が届きました。

先ずは、手に取ってじっくりと感触を味わい、目で色合いを堪能しました。
平坦な機械くみとは違い、手ぐみならではの微妙な力加減で表われる凹凸感が、豊かな厚みと温かさを生み、解けにくいという、組み紐本来の特性を兼ね備えるのだなと思いました。

早速、我が愛刀に装着!!

ちょっと派手かな、と思われますが、特別の時に使うつもりです。

大田原地区剣道連盟居合道部
■所在地:
栃木県大田原市
■稽古日時&稽古場所:
●毎週水曜日、金曜日
19:00~21:30
三島スポーツセンター武道館
●毎週日曜日
14:00-17:00
大田原市武道館