2014年 6月

久々のコーナーであります。

今回の佩刀は・・・・・・ちょっと帯刀は無理な長大な業物であります。

刃渡り3尺1寸超の室町中期の野太刀だそうです。

柄巻きも凝っていて、尺5寸もあろうと思える柄、何もかも長すぎ・・・・・・扱いかねる代物でありました。

居合にはちと無理が・・・・・・・・・

DCIM0573

 

さかのぼること1ヶ月ほど前、大田原地区剣道連盟から

第57回県北中学校剣道大会での居合演武の依頼がありました。

突然の依頼に戸惑う三役・・・・・・・・

私達のレベルでこの大役が務まるのか・・・・・・・・・

結局、地区剣連の御好意に全力を尽くそうと言う事になり、連日演武を想定した稽古を行いました。

出場するのはS代表、M副、会計の私の三役で、古流(初伝)2本と制定3本計5本を抜く事になりました。

演武当日の6月1日、緊張と不安の中、精一杯持てる全てを出し切り、演武することが出来ました。

 

演武前の緊張の中高年三人衆

094(2)

お互いに礼!!

100(5)

代表の渾身の突き業

115(7)

副代表の慎重な納刀

104(6)

私の斬り下ろし

102(4)

最後に、貴重な経験を与えて下さった大田原地区剣道連盟の会長始め、関係各位の先生方に感謝申し上げます。

有難うございました。

 

 

 

 

 

 

恒例のU八段を招いての試斬会は、毎年好評で定着して参りました。

今年は我が部年間事業の2枚看板となるべき、新進気鋭のN八段を招いての講習会を計画しております。

N八段には了承済みで、参加者をどう集めるかを検討中であります。

S七段道場や我が師K七段道場の門下生を集め、盛大に合同稽古会を催したいと思います。

その他、S七段道場との合同稽古会も企画しております。

我が県の居合人口は減少傾向にあるように思われてなりません。

杞憂であれば良いのですが・・・・・・・・・

私達は居合道の楽しさ、厳しさを一人でも多くの方に知って頂きたいと思い、事業展開しております。

居合道にご興味のある方は是非一度見学に御出でください。

 

 

 

 

 

2ヶ月近く段取りをしていた第9回大田原地区剣道連盟居合道部主催試斬会に、わたくし参加できませんでした。

年1回の恒例事業は、物を斬ることによって、間合いの取り方、刀の特性を最大限に引き出す業の習得でした。

返す返すも残念でした。

今回は参加者11名と低調でしたが、来年は第10回と言う事もあり、特別な催しにしたいと思います。

最後に毎回遠方より御出で頂き、熱心に指導して頂いております、

U八段にこの場をお借りして厚く御礼申し上げます。

懲りずに来年も宜しく御指導お願い致します。

 

image (1)  image

 

 

 

大田原地区剣道連盟居合道部
■所在地:
栃木県大田原市
■稽古日時&稽古場所:
●毎週水曜日、金曜日
19:00~21:30
三島スポーツセンター武道館
●毎週日曜日
14:00-17:00
大田原市武道館