2021年 2月

2月7日日曜朝の稽古の時、それは突然訪れました!!

古流の稽古中、流刀の受けを力強くと言う思いから、

鞘引きを疎かにし、切っ先1㎜弱を折ってしまいました・・・、

居合を始めて4度目であります・・・

切っ先が欠けていると私の性格上・・・気が入りません!!

その度、高額な研ぎ料が掛かってしまいます。

我が愛刀「加藤慎平」2尺4寸6分を慎平氏に依頼しました。

一ヶ月以上掛かると言われましたが、

予想より半月も早く昨日、研ぎ上がったと連絡がありました。

切っ先の研ぎのついでに横手と峰、そして、新聞紙を余りに多く斬りすぎたので、

物打ち付近の刃紋が消えてしまったので刃紋の再建をお願いしました。

くっきりとした横手と美しい直刃の刃紋(うっとり)

明日から今度は我が手を切らないよう頑張ります!!

当分無理だろうなと思われた県居合道講習会が、

関係者並びに諸先生方の御尽力で、

昨日新栃木県運動公園内「ユウケイ武道館」に於いて行われました。

わたくし恥ずかしながら、興奮の余り朝方と言いますか、

午前2時頃には目がらんらんでした。

会場に到着しますと、久々と言う事もあり、

通常より大勢の方が参加しておられました。

講師O範士、演武担当S六段で行われました。

このお二人が解説と演武をなされ、小グループに別れ各七段の先生方が、

その技を指導すると言う運びで進行しました。

技は制定「前」「受け流し」「三方切り」「添え手突き」「四方切り」でした。

今回の講習会で勝手が違ったのは私でした。

受講する立場から指導する立場に変わった事です。

指導と言っても新米七段、古参のK七段の助手を勤めさせて頂きました。

いかに自分のこれまでの経験と正しい技を他の道場の方々に伝えるか・・・・・

大変良い勉強をさせて頂きました。

今回我が部からは4名の参加でした。

 

 

 

 

 

大田原地区剣道連盟居合道部
■所在地:
栃木県大田原市
■稽古日時&稽古場所:
●毎週水曜日、金曜日
19:00~21:30
三島スポーツセンター武道館
●毎週日曜日
14:00-17:00
大田原市武道館