2021年 3月

ある日のO範士道場の風景。

片隅の刀掛けに四口(ふり)の刀が・・・・・

上からS五段の「赤松太郎」二尺五寸八分

その下が我が愛刀「加藤慎平」二尺四寸六分

次がK女史のほぼ無反りに近い特徴のある差し料

一番下がT五段の1.1㎏は越えると思われる剛刀。

こうして本身の刀が並ぶと壮観!!

皆さんご自分の差し料を大切になさっているのが見て取れます。

 

我が部の第一号育成マシーンは、

8年前に開発した『切り下ろし育成マシーン』でした。

我が部の皆勤賞男K四段が、心血を注いで完成したマシーンは、

改良を加え只今3機になります。

現在は大田原武道館に1機、三島武道館に1機、

そして、我が家の道場に1機完備しております。

今ではお陰様で私は真っ向・左右袈裟切りが、真剣・模擬刀・木刀と、

切れ味に違いはありますが、ほぼ両断する事が出来るようになりました。

因みに模擬刀での真っ向

次に真剣による右袈裟・左袈裟切り

模擬刀・木刀では無理。

結論から言えば、仮想敵は見えません!!

部員の皆さんには斬る間合いを実感して貰う為、この器具を考えました。

そして、最近完成したマシーンは・・・・・

名付けて仮称「抜き付け養成マシーン」!!!

制作主任皆勤賞男K四段

ご覧あれ!

物打ちの衝撃で右斜め前方に飛んでいくボール!!

あらかじめ、正座の目の高さを調整し、

新聞紙を丸めたボールを間合い・位置を瞬時に判断し抜き付ける。

見えない仮想敵を可視化しての間合いの稽古には最適かと!!

因みに「抜き付け養成マシーン」はYouTubeである居合術家の実演を参考にしました。

著作権あるのかなぁ???

 

 

 

 

 

 

 

 

大田原地区剣道連盟居合道部
■所在地:
栃木県大田原市
■稽古日時&稽古場所:
●毎週水曜日、金曜日
19:00~21:30
三島スポーツセンター武道館
●毎週日曜日
14:00-17:00
大田原市武道館